文旦シーズンインしました😊

【モリモトカジュエン通信】 vol.4

 

明けましておめでとうございます!
皆さんいかがお過ごしでしょうか? この通信も早くも4号となりました。

果樹園の2023年を振り返りますと、やはり気候の変動が大きかったように思います。

高知の8月は例年の2倍以上の雨量のうえ、高温続き。かと思えば、9月〜10月は秋晴れがずっと続きました。

ぶどうでは、収穫期に雨が降り続いたことで、雨を吸収できなくなったぶどうの裂果に悩まされ、露地栽培の難しさを痛感することになりました。

しかし、梨にとってはプラスに働き、肥大期にしっかりと雨が降ったことで、ずっしりと重くなり、その後の秋晴れで甘みがしっかりのりました。さらに台風がほとんどなかったことで、豊作で最高のシーズンとなりました。

土佐文旦にとっては、果実が大きく肥大する9月〜10月に雨がほとんどなかったことで、例年より全体的に小ぶりとなりました。ただ、晴れ続きのおかげで甘く仕上がっております。

このように、異常気象が果物に与える影響は大きいので、2024年は穏やかな気候になるといいなと願っております。

さて、森本果樹園で使用して来ましたロゴや、段ボール箱のデザインをこの一年でリニューアルしました。

友人でもあります、本の装丁デザイナーの重実さんにお願いして、オリジナルデザインを作っていただきました。

今までは商品によってまちまちだったテイストに一貫性をもたせ、果物を全面に配置した、かわいらしいデザインに仕上がったと思います。
皆様にも気に入っていただけると嬉しいです。

さて、土佐文旦は12月の寒波前に無事収穫を終えており、1月より予約開始となります。
酸が抜けておいしくなる2月から出荷いたします。

同封したチラシをご覧ください。
公式サイト(www.morimotokajuen.com)からでも簡単で便利にご注文いただけます。
こちらでは、クレジットカードもご利用いただけます。

さらに、一度の注文でいろんな果物が楽しめる、2024年度フルーツくらぶも募集しております。
果物が3回届く素敵なギフトとしてもどうぞ。

みなさまのご注文を心よりお待ちしております。
(セイジ)